読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんじゃんる

何でも書こう、ネタになる

診断結果が出ることで安心できる自分がいる うつと睡眠のトラブル

生活

どうも、とよしー(@ToyoCy) です。

昨日は体調が悪く、ブログを書けませんでした。50日以上継続していたのが途切れてしまい残念です。

今日はちょっとした近況報告を。
近く、睡眠外来に行ってこようと思います。

http://www.flickr.com/photos/126397594@N03/16070477729
photo by ustung

眠っても疲れが取れない

僕は以前、過睡眠症と診断されたことがあります。
眠っても疲れが取れず、日中突然眠りに落ちてしまうという症状でした。
眠りに落ちてしまう時は、眠気に襲われるというより、意識が途絶える、といったほうが適切かもしれません。

仕事中、車の運転中、メモをとっている時などなど、時と場所を問わず意識が2、3秒ほど途絶えます。
この症状が出ているときは、現実と区別の付かない夢を見ていて、目を開けることができなくなります。

当時、車通勤をしていた時期で、命の危機を感じたこともあり、大学病院で診てもらいました。

色々病名があるもんだなあ、と

他にもナルコレプシーも疑われたんですが、検査入院の結果では違うようでした。僕は普段の生活や、なにか気持ちの持ちようが悪くて眠気に襲われるんだと思っていました。

結果的に過睡眠症という診断が下ったんですが、すごく安心した自分がいました。

この病気のせいなんだ、と思えたからです。

うつと診断された時もそうです。朝体を起こせない症状が出た時は、自分が怠けているんだと思っていましたが、診断結果が出たときはホッとしました。

世の中いろんな病名があるようですね。寝ても疲れが取れない人、朝体を起こせない人がいたら、適切な科に受診することを強くお勧めします。

再発したんで

過睡眠症は一時改善したんですが、最近また再発してきました。寝ても疲れが取れなかったり、突然意識が途絶えたりすることがあり、睡眠外来に行こうと思っています。
どうも、僕の場合はうつと睡眠のトラブルは関連性があるんじゃないかと思っています。

睡眠のトラブルが原因でうつなのか、うつだから睡眠のトラブルがでているのかはわかりませんが、治せるものをしっかり治していきたいと思います。

それじゃ今日はこのへんで。