のんじゃんる

何でも書こう、ネタになる

やったークソゲーができたよー\(^o^)/ Unity のチュートリアルしんどい

どうも、とよしー(@ToyoCy) です。

ようやく Unity のチュートリアルをクリアしました(;´Д`)
バグのあるクソゲーですがブロック崩しの体は出来ました。
http://www.flickr.com/photos/52426748@N08/7982615597
[http://www.flickr.com/photos/52426748@N08/7982615597:title=photo by [inspire texture]]

製作時間は正味3時間位ですかね。Javascript で書かれているスクリプトC# に置き換えるのに手間取ったのと、チュートリアルの説明が間違っていたので手こずりました。

そんなこんなで作ったゲームですが、C# 版 のスクリプトと、チュートリアルの変更点を書き残しておこうと思います。

japan.unity3d.com

BallController

ボールの動作を制御するスクリプト

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class BallController : MonoBehaviour {

    // Use this for initialization
    public float speed = 20;
	void Start () {
        GetComponent<Rigidbody>().AddForce((transform.forward + transform.right)*speed,ForceMode.VelocityChange);
	}
	
	// Update is called once per frame
	void Update () {
	
	}
}

RacketController

ラケットの動作を制御するスクリプト

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class RacketContoroller : MonoBehaviour {
	// Update is called once per frame

    public float Accel = 1000;

    void Update () {
        GetComponent<Rigidbody>().AddForce(transform.right * Input.GetAxisRaw("Horizontal") * Accel, ForceMode.Impulse);
	}
}

BlockController

ボールがブロックに当たった時に、ブロックを消滅させるスクリプト

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class BlockController : MonoBehaviour {

    void OnCollisionEnter(Collision Collision){
       Destroy(gameObject);
    }
}

BottomWallController

ボールが一番下の壁にあたった時にボールを消滅させるスクリプト

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class BottomWallController : MonoBehaviour {

    void OnCollsionEnter(Collision collision)
    {
        Destroy(collision.gameObject);
    }
}

PhysicMaterial の修正

チュートリアルの「Perfect Bounce」をチュートリアル通りに作成すると正しくバウンドしません。
僕の場合はこんなかんじに修正した結果正しく動作しました。

・Dynamic Friction:0
・Static Friction:0
・Bounciness:1
・Friction Combine:Multiple
Bounce Combine:Maximum
・Friction Direction2
 x:0
 y:0
 z:0
・Dynamic Friction 2:0
・Static Friction 2 :0

やっとの思いで作り上げたクソゲーをアップしたいんですが、別に Webサーバーないとダメそうです。うーん残念。
コーディングは殆ど行わず、Unity のツールだけでブロック崩しのゲームができてしまいました。
Unity の便利さはスゴイものがあります。

これからも頑張ります!今日はこんなところで