読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんじゃんる

何でも書こう、ネタになる

起業する理由が不純でもいいじゃない。前に進めれば。

どうも、とよしー(@ToyoCy) です。

昨日アップした、この記事がまた Smartnews に取り上げられたようです。
weblevel1.hatenablog.jp

事業計画書を作る理由は、これから取り組んでいく事業のシミュレーションをするため、という内容を書きました。
今日はなぜ僕が起業をしようと思ったかを書いていきたいと思います。

カネがない!

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6757860435
photo by 401(K) 2013

僕は社会に出てからというもの、お金に恵まれたと実感できたのは、働き出して2ヶ月ほどでした。

一所懸命働きましたし、そこそこ給料ももらっていました。
しかし、何故か貯蓄することができませんでした。無駄遣いしているのかなと思い、節約してみてもなかなかたまらず、引っ越しや帰省などの大きなイベントがあるたびにお金がなくなりました。

その時出会ったのが、かの「金持ち父さん貧乏父さん」でした。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

大ベストセラーなので、どのブログでも紹介され、「ああ、またか」と思われるかもしれません。
しかし、この本がお金への意識を一変させたと言ってもいいでしょう。

金持ち父さん6つの教え

本の中の金持ち父さんは金持ちになるための6つの教えを著者に伝えています。

  1. 金持ちはお金のために働かない
  2. お金の流れの読み方を学ぶ
  3. 自分のビジネスを持つ
  4. 会社を作って節税する
  5. 金持ちはお金を作り出す
  6. お金のためではなく学ぶために働く

金持ちのマインドは普通の人のそれと全く違います。普通の人はお金を稼ぐために必死に働きますが、金持ちは金を使って金を稼ぎます。また、お金の使い方も普通の人とは異なり、ただの消費ではなく資産を買うためにお金を使います。
こうした考え方はこれまで自分の持っていたお金に対する意識とはまるで逆でした。この通りに行動すればお金持ちになれるのかもとも思いました。

お金に困らず自由に暮らしたい。

その一心で、自分のマインドを変え、起業しようと思いました。
今では街を元気にしたいという気持ちもありますが、根底にはこの思いが強く流れています。

正直道半ば

裕福に暮らしたい。
表に出さないだけで、皆がそう考えているはずです。あえてお金に余裕のない暮らしがしたい人は稀でしょう。

ただ最近ではミニマリストという考え方があるようです。
megumini.hatenadiary.jp
自由に暮らすんであればこの考え方もいいなあと思います。(もちろんお金に困らなければ、言うことはありませんが)

起業に必要なのはその動機だと思います。不純でもいいからなにか強い動機があれば、心折れそうなときでも前に進むことができると思います。

では、今日はこのへんで。