読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんじゃんる

何でも書こう、ネタになる

ペットを飼って得られたもの、失ったもの【今週のお題】

今週のお題「飼ってる、飼ってた、飼ってみたい!」

どうも、とよしー(@ToyoCy) です。

お題を書くのは初めてなんですが、僕が飼っていた思い入れのあるペットの事を書きたいと思います。

よし!お世話します!

ちょうど、東京から秋田に戻ってきた年の今ぐらいの時期だったと思います。よし!飼おうと思って決心したんですね。それまではペットなんて金魚くらいしか飼ったことがなかったのできちんと世話できるか不安でしたが、まあ、なんとかなるだろうと思って専門店に足を運びました。

買ってきた時の写真何処行ったんだろうなあ、見当たんないなあ。とにかく、必要な道具も揃えて準備も万端にしました。

これで、ベタをお出迎えする用意が整ったわけです。

ベタかわいいよ、ベタ

手元に飼ってた時の写真がないので、Flickr から。ベタってこんな魚です。
http://www.flickr.com/photos/63661371@N00/2438572393
photo by copepodo
http://www.flickr.com/photos/10975790@N00/4846884101
photo by Stephie189
http://www.flickr.com/photos/10975790@N00/1226871616
photo by Stephie189

10cm あるかないかくらいの魚で、25cm四方の水槽で十分飼うことができます。ヒレがひらひらしているので泳ぎがあまり得意ではなく、水流のあるところでは流されてしまいます。けっこう、じっとしている感じの魚です。

ベタは結構気性の荒い魚で、オス同士を同じ水槽に入れるとどちらかが死ぬまでケンカします。鏡を目の前に置くと、別のオスだと思ってフレアリング(エラを開いて威嚇する)します。なので、基本的には単独飼いです。

特に目を引くのは色とヒレですね。個体によって色んな種類があります。僕は水槽の中をのんびり泳いだり、一緒に入れてる水草にもたれて休んでいる姿が気に入っていました。しかも、ある程度なつきます!
餌を水面上に持って行くとすいーっとよってきて口をパクパクさせます。これまたカワイイです。

無知は罪

ベタを飼い始めた当時、1回めの鬱が原因で仕事を退職し秋田に戻ってきていました。疲れてしまった心に、ベタは癒しの存在でした。
しかし、この時僕は無知が故にたくさんの間違いを犯していました。
今でこそありえないんですが、週に1回水槽の水すべてを換水(水換え)したりしていました。換水は水槽の環境を大きく変化させます。すべての水を換水するとなると、それは劇的に起こります。

水槽の水の中には大事なバクテリアが住んでいて、このバクテリアが糞や有害な物質を分解する役目を持っています。換水でこのバクテリアが定着していなかったことと、環境の大きな変化がストレスになりベタは病気になってしまいました。
口の周りやヒレに白いワタがかぶり、自慢のヒレも溶けてボロボロになっていきました。病気についてはたくさんの情報を探し、薬に浸す治療法(薬浴)があると知り、早速薬浴させました。

しかし、病気の発見が遅れたこともあり治療のかいもなく、ある朝、水底で横たわったまま力尽きていました。家に来てたった3週間でした。

生き物を飼うことの難しさと、一つの命を自分の無知が原因で、ふいにしてしまったことの責任の重さを感じました。

おこがましいけれどもう一度

チャンスが有るならもう一度ベタを飼ってみたいと思います。あれから熱帯魚の飼育にチャレンジして知識も得られました。前回のような失敗はしないでしょう。きちんとお世話したいなと思います。

小さな魚でも命の重みはなかなか重いものです。それを噛み締めながらペットとはお付き合いしたいですね。

今日はこんなところで。