のんじゃんる

何でも書こう、ネタになる

【起業して2ヶ月】起業家の卵が感じた苦しみ

どうも、とよしー(@ToyoCy) です。


最近、起業についてのエントリーを目にすることが多くて、触発されたので書いてみたいと思います。最近読んだのは次の記事です。


多くの脱サラ起業が失敗する理由 - ICHIROYAのブログ


会社設立からもうすぐ1年とお金の話 - サイバーメガネのサザンクロスシティ

僕も事業を展開してやっと2ヶ月が過ぎたところです。最初期にたまたま案件が入ったんですが、価格の面で折り合わず失注してしまいました。
今は、自由な時間が増えていて、どうしていこうかなと考えているような状態です。


Salesforce の導入なら Cloudgate


これから事業を起こしたいという人に、この2ヶ月で痛感した一つのことを伝えたいと思います。

起業した人は孤独

http://www.flickr.com/photos/22779530@N02/5621720708
photo by Lel4nd

僕は起業は尊いことだと思っています。普通ならば起業するだけの行動力も、決断力も起きないと思います。なので、起業した人は「起業しよう!」と思いたち、行動に移した時点で素晴らしいことを成し遂げたと思っています。

その反面、誰にも理解されませんし、何より孤独です。

僕もパートナーもそうですが、血のつながった親からも理解されませんでした。

「なぜ、起業するの」、「会社員のままじゃなぜいけないの」

起業することでこれまで少なからず得ていた安心感が失われてしまうことにとにかく不安なんですね。しかも、こういった人たちは起業する人たちはそうした不安を感じておらず、無計画で脳天気に起業したとまで考えています。

それほど起業という行為は理解されないものなんだと思います。唯一理解してくれる人は、同じ境遇だった起業した人たちでしょうか。

説得なんてするな

僕は少しでもパートナーに理解してもらおうと、事業計画書を見せて、無計画な事業ではないことや今後の展望などを説明して、理解を得ようとしました。
しかし、それは虚しいです。なぜならそれらはプランであって、事実ではないからです。
前に、755 で女性実業家の経沢香保子さんにやじコメしたことがありました。パートナーから理解されないと。
返ってきた答えはこうでした。

「あなたが成功することでしか、理解は得られない」
起業することに理解を示さない人たちから理解を得るには、事実を突きつけることしかないと思いました。
成功して、自分のやってきたことが間違いではなかったことを示すしかないんです。

理解されない、孤独と言った状況は想像以上に、起業家につきまとい、苦しめます。
僕はなにもかも中途半端な人間でしたが、会社員として定年を迎えるといったイメージは湧きません。僕にはこの道しかないんだと思います。

今日はこのへんで。